グジャラート州再建の立役者」あなたを心より歓迎いたします

「グジャラート州再建の立役者」あなたを心より歓迎いたします

2014-8-29/Yog Kapoor
ナレンドラ・モディ首相は、かつてグジャラート州の大臣として何度か日本を訪れ、

日本の政治家達や一般市民との交流を深めるなどインドと日本の絆を強くしました。 そしてこの度、モディ氏は、「日出ずる国」に、インドの首相となってから初めての訪日を果たしました。

インドにおける歴史の中で、今年の総選挙は過去に経験したことのない盛り上がりを見せました。

国中で繰り返し聞こえてくる モディと云う名前。まさに「モディフィーバー」でした。選挙運動期間中、モディを支持する熱気が国中を覆いつくしたかのように勢いを増して行きました。

そしてその結果、民衆にとってモディ氏の勝利は揺るぎないものとなったのです。

インド国民は主権が我々民衆にあることを認識すべきです。

国を変えたいと願う民衆の思いは、投票するという行為によって実現につなげて行ける政治家を選ぶことが出来るのです。すなわち、力を持っているのは政治家ではなく、政治家を選ぶ民衆なのです。

さて、世界第二位の人口を抱える国のリーダーとして選ばれたモディ首相とその新政府には、経済危機の中にあって、民衆の高い期待に応えなければならない責任があります。

私達の首相が健康と平和のもとにインドに素晴らしい変革をもたらし、世界の中でも指折りの国となり繁栄しますように。

インドのための夢が実現して行けるよう神のご加護がありますように、我々はみな望んでいます。

=================

Heartiest welcome to the “Architect of Gujarat”

Prime Minister Narendra Modi previously visited Japan as the chief minister of Gujarat and enjoyed very good relations with the people and politicians of Japan.

Modi is making his first visit as prime minister to the “Land of the Rising Sun”at the right time.

An election such as this year’s had never been seen in India’s history. All over India, his name was constantly heard, making it truly seem like “Modi fever” was sweeping the country during the campaign period. The public was absolutely sure Modi was going to win the election.

We have to recognize that the public is more powerful than the politicians and everybody wanted change and the power of their votes brought it about.

Now it is the responsibility of Modi, his team and the new government to meet the very high expectations of the public that elected them and follow through on the promises made during these times of financial crisis from the leaders of the country with the world’s second-largest population.

We hope our prime minister will bring change in India and work for peace and prosperity in the region. We all wish you good health and spirit, and may God bless you to fulfill all the dreams you have for India to make it one of the best countries in the world.

Posted in Uncategorized
Leave a comment

すべての可能性は民衆の中に

すべての可能性は民衆の中に

2014-1-26/Yog Kapoor
第65回インド共和国記念日を祝し、心からのご祝辞を申し上げます。

昨年、明仁天皇陛下と美智子皇后陛下がインドを訪問されました。お二人にとって 53年ぶりのインドであり、天皇に即位されてからは初めての訪印でした。おふたりのインド訪問はインド国民にとって大変名誉で喜ばしいことでした。そして、インドと日本の結びつきは以前にもまして強固なものとなりました。

現在インドでは5月に予定されている総選挙にむけて選挙期間の真最中です。次にインドをリードしてゆくのが誰なのか。世界中が強い関心を寄せて注目しています。誰がインドの次期指導者になるのでしょうか? 興味深い、良い質問です。私がもしも誰かにこのような質問をされたとしたら、その答えはインドの選挙権を持っている民衆すべての中にある、と答えるでしょう。

まず最初に、投票所に出向くこと、これが大切な義務です。そして、国に繁栄と平和をもたらすために導くことのできる人はどの政党に属しているのかを見極め、もっとも有能な人に投票するのです。権力主義者や単なる政治屋のような人物をではなく、真に有能な人物を選ぶ力を持っているのは民衆なのです。ですから、世界中の投資家たちは、その動向を熱心に見守り 結果を待っているのです。

日本は我々インド人のあらゆる分野においての大切なパートナーであり、インドは日本にとっての大切なバイヤーです。すなわち、経済危機や一時的な世界規模の経済問題が起きている中、我々は互いに協力関係を必要としているのです。インド-日本間の投資はすでに拡大しています。そして、取引数字は年々増加するであろうと予想されます。

さて、両国で増加しているものに観光旅行があります。さらに食に関して言えば、すでにインドの食物は日本で非常に人気があり、和食はインドでも好評なのです。インドと日本の関係をもっと強固に、さらに理解を深めていくには、こうした相互の 文化に注目し理解しようとする努力もまた不可欠と考えます。

=================

Power is in the hands of the public

I convey to the readers of heartiest felicitations on the 65th Republic Day of India.

Last year, Emperor Akihito and Empress Michiko visited India for the first time in 53 years. The people of India felt very happy with their visit and the relations between the two great nations Japan and India became closer than ever.This is the time of elections in India and the whole world is watching us with great interest to see who will lead the country.

Who will lead the country?
It’s a good question, and if anybody asks me, my reply will be that it’s in the hands of the Indian people, those who have the right to vote in the election.

First of all, it’s their duty to get out of their houses or offices to give their most valuable vote to the most capable person, whom they think belongs to the party that can lead the country to peace and prosperity.

So I think that the public holds the power without which politicians con not be elected. Investors from all over the world are waiting and watching with keen interest.

Japan is our biggest partner in every field of life and India is the biggest buyer for many things from Japan, so we need each other during the global recession and financial crises. Indo-Japan investment has already expanded and it is expected trade figures will be increase more in the coming years.

Tourism increasing in both countries. Indian food is already very popular in Japan and Japanese cuisine is also gaining popularity in India. We should not ignore the cultural programs, which require more attention by both countries, to bring India and Japan closer to each other.

Posted in Uncategorized
Leave a comment

達人の国、日本

達人の国、日本
2013-5-26/Yog Kapoor
日本に住んでいる外国人 日本を訪れる旅行者の人々、かれらが日本人の礼儀正しさや品格を感じさせる日本人の在りように触れるとき、どれほど深く心を動かされるか、世界中のどの国と比べてもその素晴らしさを感じるであろうことは容易に想像できます。そして、日本はどこを訪れても清潔であり美しい国です。

日本人の素晴らしさを目にするのは、単に「包装する」と言うような行為であっても例外ではありません。例えば買い物をした場合、品物の大小にかかわらず、彼らの丁寧な包装技術には大変な驚きを感じます。すなわち、「顧客の満足は自分の喜び」というような、すべての生活場面において感じる日本人のこうしたプロ意識には、ただただ感心するばかりです。

私がこれほど長く日本で暮らしているのは、この国の素晴らしさに感銘を受けているからに他なりません。私達はこの素晴らしい国民から多くのことを学ぶことができます。世界中から訪れる人々も印象的に体験するこの感動と学びが、彼らの次世代の人々に伝わってゆくことを願っています。

=================
Welcome to Japan the Country Of ‘PROFESIONALISTS’

The foreigners those who are living in Japan or the tourists those who come to Japan to visit, I think they can easily compare Japan with other countries in the world that how they get impressed with Japanese peoples discipline, well behave educated neat and clean.Every city is so neat and clean. When they go for shopping, after seeing the way of their packing even you buy a small thing or big which does not matter but really its very impressive.
In every field of life, they are very very “Professional” our satisfaction is their satisfaction.

We can learn lot of good things from this great nation and can teach to the new generation of our respective country people, which is my very personal feelings because I am living in Japan since a very long time.

Posted in Uncategorized
Leave a comment

多くの英知がさらなる変革をもたらす

多くの英知がさらなる変革をもたらす
2013-8-15/Yog Kapoor

インド独立記念日にあたり、インド人としての誇りと幸福に感謝しつつ、お祝いを申し上げます。私と家族が日本で暮らして、早数十年が過ぎようとしています。世界で最も平和な国、高水準の教育レベルをもった民族の国、日本。この国で暮らしている私達家族は、大変幸運で幸せなインド人と言えるでしょう。インドにおいて、わずか数年の間に起きているめざましい進歩には目を見張るものがあります。これは、インド政府の政策によってもたらされた素晴らしい変革です。しかしながら、個人レベルでいうところの根本的な貧しさはいまだに多く、教育の不足からきているのではないかと、私には思えます。ホームレスの人でさえ新聞や雑誌を手にしている日本。 世界に誇れる識字率の高さをもつ日本の教育レベルを、我々すべてのインド人が見習うべきと考えます。

現在インド政府や民間部門が多くの大学を開校し始めました。 ケンブリッジ、オクスフォードあるいは東京大学のような大学が次々と創られています。 インドで教育を受けるために外国から人々が集まると言われるような国になる、そんな日が近い将来くると、信じています。もちろんインドにも優れた点が沢山あります。インド料理のおいしさは言うまでもなく、スパイスの効能もいまや世界中に認められています。ナンは日本でも大変に人気があり、インド料理レストランは日々増え続けているのです。インドが誇れるのは食べ物だけではありません。IT分野、そしてショウビジネスにおいては、「ボリウッド」の制作する映画が日本でヒットを飛ばしていることも近年の喜ばしい出来事のひとつです。

インドの首相マン・モハン・シン博士が今年の5月末に来日し、多くの商業取決めを締結したことは記憶に新しいことですが、11月30日には国賓として日本の天皇陛下ご夫妻が一週間にわたってインドを訪問されることになっています。 これは非常に名誉なことであり、日本とインド両国がより一層近しい関係になることが期待できます。インドと日本、両国が共に協力することでもたらされる計り知れない繁栄と平和を世界中が注目しているのです。

=================
Educated Population brings Innovation’

On this happy occasion, we celebrate the Independence Day of India with great pride and happiness because the whole world has recognized us Indians as great peace-loving people and India as a great trustworthy nation in the world.

I have lived in Japan with my family for decades and can vouch that Japan is the most peace-loving, highly educated nation in the world. We feel as Indians most fortunate and the happiest people that we are living in Japan.

In every field of life, the government of India has brought amazing progress within just a few years. The basic thing that I have learned in my life, that the person without education is always poor, we Indians must all learn from Japan, where the standard of education is very high even a homeless person in Japan is sleeping on the roadside with the bunch of newspapers and magazines in his hands.

The Indian government and the private sectors are opening new schools, colleges and universities in the country. The time is not far away when in India there will be universities up to the standard of Cambridge, Oxford and the University of Tokyo, when the people will come from abroad to get education in India.

Indian food is very popular all over the world. In Japan also Indian restaurants are increasing day by day because certain Indian spices are very good for health. Indian curry and nan are very popular in Japan.

The Indian IT sector is growing day by day as well. In Indian Show business, I was surprised that some Bollywood movies that have been released in Japan have done amazing business.

It is a great pleasure and honour for every Indians that the Emperor and Empress will be visiting India as a state guest for about a week from Nov. 30 in 2013, which will bring Japan and India more closer and closer.

When our Prime Minister Dr. Manmohan Singh who visited Japan in the end of May, many business deals were singed between the two great countries Japan and India.
I suppose these deals will bring prosperity to both countries in the future to come.

So for Japanese companies, the Indian market is one of the best in the world, where their investments are safe in any sector of the business.

I think India and Japan, if they work together, can bring innovation to the region. The world is watching them with the hope that peace and prosperity with dignity will be achieved in the region.

Posted in Uncategorized
Leave a comment

ようこそインド再建の立役者

ようこそインド再建の立役者
2013-5-26/Yog Kapoor
10億以上の人口をかかえる世界で最もダイナミックな成長を続けるインド、そのリーダーが、好機とも云えるこの時期に日本―日出る国―を訪問しています。

インドが先進国に追いつくために費やした数10年のことを考えると、1年振りに訪れた私が目にした、わずか1年のあいだの進歩には目を見張るものがありました。
行く先々で建設工事が行われている地下鉄、高速道路、橋や道路のさまざまなプロジェクト。

住宅産業がほどんど毎日のように発表する高層アパート等の建設計画は都市部だけでなく、地方都市にまで見られるようになっています。また、教育セクターでは多くの新しい学校や大学が非常に速いペースで造られており、医療サービスにおいては、インド最高水準の病院をめざして多くの企業が参画しているのです。近い将来、何万人もの国内外の旅行者を期待しているインドは、空港や鉄道駅を建設しています。インドへあるいはインドから他の国への航空路が整備され、政府からの就航許可を待っている航空会社も多くいます。これまで、インド進出は難しいと言われていたファーストフード業界の有名ブランドですら、すでにインドに店を構え、続々と新しいファーストフードブランドが増えています。正直なところ、ファーストフードビジネスがインドでこれほどまで成功するとは、想像だにしていませんでしたが。スーパーマーケットもしかり、チェーン展開が進み次つぎ新店舗が増えています。衣料分野での発展も例外ではなく、特に都市部においての有名ブランドが目立つようになっています。さらに、自動車産業においてのトヨタ、ホンダとスズキによって製造される車両は特にインドで人気があり、この分野での市場開発に無制限の機会があるように思えます。

さて、無制限の機会と言えば何と言ってもショウビジネス。
インドの大企業が後押しして始まったのがボリウッド映画です。インドの映画業界においての日本映画は大きな可能性を秘めています。日本映画が英語やヒンディ語に翻訳されて、今インドで人気になっています。日本でもインドの映画が度々話題に上るようになってきました。これはほんとうに喜ばしいことです。こうした文化の交流がインドと日本を強く結びつけることに繋がります。

これらの驚くようなインドの変化発展は この度来日されたシン首相(マンモハン・シン博士)のリーダーシップによってもたらされた結果です。世界中の目は平和と繁栄を期待しつつ、威厳をもって政策を成し遂げる彼に注目し続けることでしょう。

=================
Welcome to ‘Architect of India’

The leader of India, the most dynamic growing market in the world with a population of more than 1 billion, is visiting the country of the Rising Sun at the right time. It took India decades to catch up with advanced countries, so I am surprised by the country’s amazing progress within just the past one year. During my last visit to India, I saw construction work going on everywhere to build the metro, highways, bridges and roads, among many other projects.

The housing industry is also booming, with many large builders announcing plans virtually every day to construct big apartment buildings and towers not only in urban cities but also in rural areas. In the education sector, many new schools and colleges are opening at a very fast pace. In the medical service sector, many large companies are launching the country’s best hospitals. New airports and railway terminals have been built, and many more are under construction because India expects to welcome millions of tourists, both from abroad and every domestic corner, in the near future. In the aviation sector, many foreign airlines have already established routes to and from India and still others are awaiting government approval to do so. In the fast-food market, all the internationally famous brands have already set up outlets in India and many others are waiting in the wings. Indeed, the fast-food business is flourishing in India at a rate never imagined possible.

The number of stores run by globally recognized brands in the clothing business is increasing day by day in big cities. Supermarket chains are also opening new branches on a near daily basis throughout India. In the automobile industry, vehicles made by Toyota, Honda and Suzuki are particularly popular in India. There appears to be unlimited scope for future market development in this field. In show business, large Indian corporations have started producing Bollywood movies. There is great potential for Japanese movies subtitled in English or Hindi to become popular in India and, in the same way, for Indian movies dubbed in Japanese to gain favor in Japan. Through such cultural exchanges, relations between Japan and India will become much stronger. The leadership of Dr. Manmohan Singh has brought innovation to India. The world is watching him in the hope that peace and prosperity with dignity will be achieved in the region.

Posted in Uncategorized
Leave a comment

インド料理は世界中で素晴らしいといわれる料理のひとつです

インド料理は世界中で素晴らしいといわれる料理のひとつです
2013-1-26/Yog Kapoor
第64回のインド共和国記念日にあたり、心からのお祝いを申し上げます。世界のいたるところで不況や財政危機が起っている今日、インド政府のとった経済改革方針がインド経済を成長へと導き、その方針は世界中で賞賛されています。インドと日本の間での貿易についても、二国間の経済協力と投資は、今まさに実を結ぼうとしており、貿易収支実績は今後年ごとに増加してゆくと予測されています。

2012年日本では、インドの食の祭典ともいえる「インディアン フードフェスティバル」が 多く開催されました。カレーが嫌いな日本人はいないのではないかと思えるほど、カレーは日本人に好まれていますが、それはあくまで日本式のカレーであり、本場のインドカレーの作り方と日本のそれには大きな相違点があります。もちろん、味の違いも大いにありますが、フェスティバルは大成功をおさめました。

これまで、世界の中でのインドは、マハトマ ガンジーとネルー元首相の国、と認識される程度でしたが、今や中国についで2番目に人口の多い国となり、優れた医者やIT分野での有能な人材を多く輩出していることが広く知られるようになりました。すなわち、インドはあらゆる分野における経験豊かで有能な人々によって支えられており、人々を支えるのはインドの食文化です。ご存じの通りインドの食事はカレー、そのカレーの主役はスパイスです。いくつかのスパイスは健康に役立っていると言われ、インドは多種多様なスパイスの宝庫、と言っても過言ではありません。

カレーはいち年を通して食されるインドの国民食です。現在は世界中に知れわたり、人気の食事となりました。世界各国から旅行やビジネスでインドを訪れる人々は日々増え続けています。彼らがインドに滞在している間、本格的なインド料理を味わい、楽しんでもらえるに違いないと確信しています。

私が日本でインド料理レストランを経営して32年以上の年月が過ぎました。これまでインド料理について書くことは、個人的なビジネスの宣伝になるのではないかと考え、避けてきましたが、インドカレーとスパイスに関しての素晴らしさは周知の事実であります。私は改めてインドという我が祖国、そして食文化についての感慨を深くしました。

=================
INDIAN CUISINES ARE AMONG THE BEST IN THE WORLD

I convey to the readers our heartiest felicitations on the 64th Republic day of India. The Indian government economic reform policy has led to the rise of India, lauded worldwide for its economic growth during such global recession and financial crisis.

Indo-Japanese trade, economic relations and investment have expanded; it is expected that trade figures will increase in the coming years. In the year 2012 there were many Indian food festivals in Japan and were very successful. Basically, Japanese are very fond of curry, but in their own Japanese style.I think there is no Japanese who does not like curry.But in the cooking style of real Indian curries there is a lot of difference in the taste between Indian curries and Japanese curries.

India, the country of Mahatma Gandhi and Jawaharlal Nehru, is the most populated country next to China in the world. India has some of the best doctors, some of the best IT people and very experienced people in different fields of life: they all eat curries almost every day.Spices play the major part in cooking the curries. India has wide varieties of spices.

Indian food is food for all seasons. It has become very popular in the world.Tourists and the business community from all over the world are increasing in India day by day. I am sure they all must be enjoying Indian food at the authentic restaurants during their stay in India.

This is the first time that I am writing an article about Indian food, although I am in the Indian restaurant business in Japan for the last 32 years or so. So this article should not be taken as publicity for my personal business, but whatever I have written about Indian curries and spices, it is very true and authentic.

Posted in Uncategorized
Leave a comment

ようこそ インドの『革新者』

ようこそ インドの『革新者』
2012-11-15/Yog Kapoor
1990年代のインドにイノベーション、すなわち革新の波をもたらしたのは、市場志向型改革の立案者、マンモハン・シン博士です。それまで続いていた経済政策に対し、シン博士の提唱した市場志向の考え方が議論のみで実行に移されることなく無駄に終わるのでは、と思われた時ついに、インド政府は改革を実行に移すためにの一歩を踏み出します。

ながい経済成長の伸び悩みを耐え抜き、投資を改善してインド財政を押し上げること等々、シン氏がニューデリーにおいて大臣やアドバイザーにさまざまな提案をするなか、
経済の立て直しをするためにシン博士がとった行動のひとつに、チェーン展開している海外スーパーマーケットのインド進出を許可したことが挙げられます。インド政府はまた、航空部門での投資規制を緩和し、初めて外国のエアライン就航を許可しました。シン氏は大蔵大臣を経て首相になった後もインドの経済成長を強化し、インドを世界中の対外投資家にとって、より魅力的な対象地にすべく、多くの決定を下しています。

シン博士の偉大な業績は、何と言っても驚異的なインドを創り上げたことです。彼が1991年に大蔵大臣に就任したときのインドは、非効率的な中央集権的計画経済であり、地方の貧困にまで手の届かない状態でした。しかし彼が革新的な立案を提唱してから20年後の今、インドは独自の観点をもち、出来うる限りのことを成し遂げるための明確な決断を下すマンモハン・シン博士というリーダーシップのもと、毎年1000万人以上の人々を貧困から救いあげるような、大胆かつグローバル化した経済社会として世界に誇れるまでになりました。これからも、インドそして世界中が繁栄と平和を希求し、彼に注目し続けることでしょう。

=================
WELCOME TO THE “INNOVATOR” OF INDIA

Dr. Manmohan Singh, the architect of India’s first wave of market-oriented reforms in the 1990s, brought innovation to India. Finally the govemment is taking steps in the right directions; the reforms have come at a time when investor sentiment is down the drain. Speaking to ministers and advisers in New Delhi, Dr. Singh while he talked about surviving flagging economic growth, improving the investment climate and boosting public finances in India, has gave the green light to a foreign supermarket chain to enter the country as an economic reform. The govemment of Dr. Singh has taken many decisions to bolster economic growth and make India a more attractive destination for the global players for foreign investment .

The Indian government also relaxed investment rules in the aviation sector to allow foreign airlines for the first time. Dr. Singh’s accomplishments are extraordinary as the India that existed when he took office in 1991 was an inefficient, centrally planned economy and struggling to redistribute the country’s wealth to combat poverty. Twenty years later, India boasts a globalized economy with a dynamic business culture. Today, India competes on its own terms and pulls more than 10 million people out of poverty every year under the leadership of Dr. Singh. He has done the most to make this possible, clearly determined to consolidate his legacy after a spot of financial crisis. India and the world will watch him with hope for peace and prosperity.

Posted in Uncategorized
Leave a comment

夢を実現できる国「インド 」

夢を実現できる国「インド 」

2012-8-15/Yog Kapoor
世界において歴史的な出来事であるインドの独立記念日、本日65周年を迎えることは大いなる喜びです。我々は、英国からの独立を夢に掲げ一生をかけてその夢の実現を 成し遂げたインド国民の偉大な父、マハトマ・ガンジーに心からの敬意を表します。今年はインドと日本の外交設立60周年でもあります。この60年を振り返ってみると、両国が相互理解と云う大変堅固な基盤を築いていることを感じます。

文化、政治そしてビジネスに関しては、同じ船に乗り込み、双方の輝かしい未来に向けて航海を続けているように思えます。現在と未来の世代の為に出来ること、私は今こそ我々の力を結集し協力すること、
それこそがわれわれの夢を実現に向かわせることと考えます。インドの人々には新しい物を非常に速く理解吸収する力や購買意欲があります。12億人の人々の要求を満たすビジネスチャンス、大企業がその力を生かす余地がインドにはまだ在るのです。日本や他の先進国は経済用語で云うところの飽和点に達していると言われていますが、インドにおいては、まだそのような状況には至っていません。

インドは革新を起こそうと夢見る人たちの国です。昨年はインド政府によってAakashという僅か2,250ルピー、米ドルにして約40ドルという、大きさはアップル社のアイパッドのようなコンピューターを発表しました。バッテリーはリチウム電池を使い、充電にはソーラーパワーを使います。インド政府は若者たちが20ドルで自分のタブレットコンピューターを手にすることができるよう50パーセントの助成金を支給する等、若い世代にやる気を起こさせるような刺激的な政策を与えています。金融部門でさえ、3年の間に国の貧しい田園地帯に現代の金融制度をもたらすことで、新しく開かれた銀行口座の数は1500万から5000万以上にまで上昇したのです。

ショービジネスにはさらに成長の可能性があります。インド人は映画やテレビをみることが非常に好きです。連続ドラマはインド人の家族にとって最も人気のある娯楽なのです。ハリウッドからのフィルムがヒンドゥ語に吹き替えされたものはインドで流行り、ビジネスとして成り立っています。仮に日本の映画がインドの言語に吹き替えされれば、インドでの大きなビジネスチャンスになるのではないでしょうか。文化の交流は異国間の距離をより近付けることができるのです。東アジアが徹底的に変わり、世界の平和および繁栄に寄与するのもそう遠いことではないと思えます。

=================

INDIA THE COUNTRY FOR “DREAMERS”

It is a great pleasure to celebrate today the 65th anniversary of the Independence Day of India, a great historical day in the world. We offer homage to the great Mahatma Gandhi, the great father of our nation who dreamed of independence for India from Britain and fulfilled that dream in his lifetime. This year we celebrate the 60th anniversary of the establishment of India-Japan diplomatic relations. Today, if we look back 60 years to assess our achievements, I feel now that both India and Japan stand on a very solid foundation with a great understanding of each other. In terms of culture, politics and business, we feel safe to sail in the same boat and to look forward to a brighter future together.

I think this is the time when we need each other to fulfill our dreams for the present and for future generations. In India, people have spending power they are very quick to adopt new things. There is a great scope for big corporations to do business in India to fulfill the demand of 1.2 billion Indian people. In economic terms, Japan and other advanced countries have reached a saturation point, but India is not in such a situation yet.

India is a country for dreamers who can bring innovation. Last year, the Indian government unveiled a handheld computer-Aakash- that costs only 2,250 rupees (about $40). Like Apple’s iPad, Aakash is powered by an internal Lithium-ion battery and can be charged using a solar-powered charger. The government subsidizes 50 percent of the cost to students, meaning that a young Indian has to pay just $20 to have his or her own tablet computer, a great incentive to the young generation from the government. Even the financial sector has seen innovations over a period of just three years, with the number of newly opened bank accounts rising from 15 million to more than 50 million, bringing the country’s poor rural areas into the modern financial system.

There is also potential for growth in show business. Indians are very fond of seeing movies and TV serial dramas-the most popular entertainment for Indian families. If good Japanese movies are bbed in the Indian language, they could go great business in India. Films from Hollywood dubbed in Hindi have been doing very well in India in business terms. Cultural exchanges can bring both countries closer to each other. The time is not far away when East Asia will drastically change and will contribute to the peace and prosperity of the world.

Posted in Uncategorized
Leave a comment

For the foreigners spring season is a great time to visit japan

外国からの観光客にとって日本の春は最高の季節!

2012-2-17/Yog Kapoor
日本のみならず世界中に衝撃を与えた昨年3月11日、東北地方を襲った地震と津波、その日から一年が過ぎようとしている。この悲惨な状態から一日も早く立ち直って欲しいと願う世界中の人々からは、多くの援助の手が差し伸べられている。 しかし、わずか一年後にこれほどまでの統制が取れた生活状態を取り戻していることに、日本人の精神力の素晴らしさを垣間見る思いだ。

私は今、日本が直面している経済危機の解決策のひとつとして、観光業に力を入れて欲しいと思う。大災害によって、あらゆる式典は取りやめになり、春の桜をめでるゆとりすらなかった昨年の日本。しかし今、日本は完璧なまでに安全を取り戻しつつあると確信している。日本の美しい桜のシーズンがすぐそこまで来ているのだ。

これまで、日本が危機や災害に苦しむ世界中の多くの国々を援助してきたこと。その都度、日本が持てる最新の技術を他国のために惜しみなく与えてきたことを世界中の人々は忘れてはならない。今度は世界中から日本を訪れよう。 そしてもう一度日本に、この素晴らしい国に元気を取り戻してもらおう。

世界中から観光客がこの国を訪れることこそ、日本の人々を元気付けることができるのだ。そして観光客は、この国の人々からの心を込めたもてなしを受けるであろう。
私は、観光業が盛んになることによって、日本が直面する経済危機やその他多くの問題から脱却する解決策のひとつになることを望んでいる。

FOR THE FOREIGNERS SPRING SEASON IS A GREAT TIME TO VISIT JAPAN

Just about after one year when on March 11, 2011 the great Tohoku earthquake and Tsunami shook Japan, I think this disaster shook not only Japan but the whole world.
But after about one year, now everything is almost under control which shows the unity togetherness and spirit of Japanese people and the foreigners also those who are living in Japan. The whole world stood by the Japanese people to help them to come out of this tragedy.

The world should not forget that Japan has helped many countries in the crisis and has given to them the most advance technology to make them prosperous and advance, of course it is good for each other for the peace and prosperity. But now the time has come that the tourism can help this financial crisis which now Japan is facing along with other problems also. But be assure that for the tourists, in Japan now absolutely safe in many respect last year in Japan people were in great depression when in the Spring cherry blossom could not enjoy and the all ceremonies were cancelled due to this great disaster.

So now this year will be the first cherry blossom season which will be coming soon. So as a human being it becomes our moral duty to make this great nation once again
cheerful by visiting Japan in this Spring season. Tourists from all over the world, I am sure that Japanese people will be very happy and will welcome them with their soul and heart. If tourism increase, it will be great help to this nation and to come out of this financial crises and many other problems.

Posted in Uncategorized
Leave a comment

My Recent Visit to India

インドを訪れて!

2012-2-5/Yog Kapoor
前回の帰国からおよそ一年振りにインドを訪れた。2カ月ほどの滞在であったが、私の故郷ムンバイの変貌ぶりには驚かされることばかり、まさにカルチャーショックだった。 “まったく…インド人もビックリ!!”

ムンバイのような大都会では携帯電話が彼らにとって生活の一部になっており、誰もかれもが忙しそうに動きまわっている。舗道は歩けないほどの人、人、人であふれ返り、道路という道路はバンパーとバンパーがくっ付くような状態。そこにオートリクシャやタクシーも走るとなると、スシ詰め状態である。 人々はこの中にあって、パワフルに生きているのだ。そして、この大渋滞の中にありとあらゆるタイプの輸入ブランド車を頻繁に目にする。

急激なこの国の変化について、今はまだ良し悪しの判断は下せない。しかし、目覚ましい繁栄が確実にこの国に湧き上がっていることを、いちビジネスマンとして直に感じたのである。

ムンバイにはその名もリンキング通りという、世界の有名ブランドショップが立ち並んだ東京の原宿にあたる通りがある。 ここでは、世界中の有名なブランド商品をすべて手に入れることができるのである。インドはビジネスにおける最高の市場になっている。このままで行けば先進国と呼ばれる日がそう遠くないと、私には思える。

さて、インドの目覚ましい発展と繁栄を目のあたりにして日本へ帰ってきた私は、正直なところ、ほっと一息ついている。これは永年日本に住んでいるからか、それとも温泉でリラックスした後だからなのか。言うまでもなく感じ方はヒトそれぞれ。 あくまでも私の個人的な感情だが。私にとって最高にくつろげる国、それは日本である。

=================

My Recent Visit to India

I visited my Home town MUMBAI for about two months. I visited India after one year,but within one year, after so much India has been changed even I got “Culture Shock” really “INDOJIN MO BIKKURI !! ”. I cannot give any Judgment whether this change is for the betterment or for the worst. But as a businessman I feel, a lot of prosperity has come in certain section of the country.

In big city like Mumbai everybody is so busy. Mobile phone has become the part of their life. Everywhere you see people and people you cannot walk on the roads.
The cars and “Auto Rickshas” (cheaper than Taxi) and the Taxis, everywhere the roads are Jam Packed “Bumper to Bumper” people have the spending power, all types of Imported Brands of cars you can see on the roads.

Branded goods in fashion, you can find all the famous brands of the world in the city. There is a road name is “LINKING Road” in Mumbai where you can find all the most
famous brands shops as we have in Tokyo, like “HARAJUKU”. I felt as a businessman that India is the best market for the business where people have the spending power. I think the time is not far away when India will become one of the leading countries in the world.

After seeing so much progress and prosperity in India, frankly speaking after reaching Tokyo I felt very much relaxed the next day I went to “ONSEN” after relaxing.
I felt that Japan is the greatest country for me. I am living in Japan since a long time that’s why I may be feeling like this. Please don’t mind anybody, always feelings depend upon person to person. The above feelings about Japan are my very very personal feeling.

Posted in Uncategorized
Leave a comment